-

愛車を運転していると、「自動車を使ったままで即日融資可能」というような宣伝ボードやポスターがあちこちで見ることが多いかもしれません。これらの広告は、車を担保として融資する広告群であることが多いようです。車担保融資と言われている言葉は、聞いたことがあっても、具体的にどんな融資のされ方なのか過度に分かっていない人もいるはずです。車担保融資とは、それほどメジャーでないローン方法ともいえると思います。車担保融資では、クルマを返済に行き詰った際の保険にすることで、自動車の現状の売値価格を出し、その額の査定範囲内でローンを原則として行っているようです。車買い取り専門店での査定と同じように、年式が経つ車や修復歴がある車である場合は、査定評価が低くなってしまうことがあるようですので、車を担保として融資を受ける時には意識しておくといいはずです。車担保融資は、「車」という目に見えたものを抑える方法ですので、銀行などでキャッシングが受けられない人でも直ぐに査定限度内でのローンを行ってもらえるようです。さらに、銀行や消費者金融でのローンには多種多様な手順や審査がありますが、車という自分の財産を利用し、行うキャッシングですから、そのようなものが必要としないということもあるようです。最近では、車を返済に行き詰った際の保険にしてローンを受けても、担保にしている車を今まで通り引き続き利用することが出来る車を使った担保融資も増えてきていると言えます。但し、この融資方法の弱点としては、愛車の評価額に融資の限度額も影響するので、所持する愛車によって、自分自身が期待する額のキャッシングを受けられないということも十分あると耳にします。愛車を担保としますから、もし借りたお金の返済が遅れてしまったケースは、直ちに車を売らなければならないなどの、欠点といえるかもしれません。自動車が生活する上の必要アイテムである土地柄では、愛車を、返済に行き詰った際の保険にするローンキャッシングのやり方は、随分危険が多いといえると思います。